相続税を減らすには?効果的な節税方法3選

生命保険を活用して相続税対策

相続税を少しでも減らしたいと考えたときに最も有効で簡単なのは生命保険を活用する方法です。予め生命保険に加入しておきましょう。その際に受取人を相続人にしておかないと贈与税や所得税がかかってしまうことになるので注意が必要です。生命保険によって支払われる保険金は相続する財産ではないため、相続税の課税対象外になります。被保険者を本人にして多額の生命保険をかけておくとそれだけ高い節税効果を発揮してくれるでしょう。

地道に行う生前贈与で対策

相続する財産が非常に多いというときには相続人に対して少しずつ生前贈与を行っておくのも良い対策です。あまり多額の金品を贈与してしまうと贈与税が高くなってしまうため、控除ができる範囲内で行うのがポイントとなります。毎年少しずつしか贈与できないことから長い目で見て行わなければならないので、できるだけ早めにスタートしましょう。相続する財産を減らすことによって相続税を減らす方法として計画性があれば誰でもできるものです。

不動産を購入して節税の実現

不動産を購入するのも相続税対策としては効果が高いものです。この場合には課税対象になってしまいますが、現金で持っているのに比べると課税対象額が小さくできるでしょう。不動産の場合には時価の7割から8割程度の評価額になるからです。もともとの金額が大きいのでわずか2割か3割であっても多額の節約になります。不動産を購入できる程度の資産があるなら生前に予め購入しておくと財産が目減りしてしまうのを防ぐことが可能です。

相続税対策は相続が発生してからの対策は出来ないため、相続人の間でのトラブルを防ぐためにも事前に対策を考えておく必要があります。