賃貸選びで大切なこと

まわりの環境が1番大切

賃貸マンション、アパートを選ぶときに大切なのはまわりの環境です。どんなに設備の良い部屋を選べても、まわりが物騒であれば良い物件とは言えません。昼間見学に行ったときは静かだったのに、夜再度訪れたら夜オープンするお店だらけでとたんに賑やかになったなんてこともあります。そのようなことがないように、昼間と夜、両方チェックしておくことが大切です。小学校や中学校の近くには、治安が悪くなる建物は建てられないと法律で定められているので、比較的安全と言えます。

防音性の高い物件を選ぶ

賃貸マンション、アパートを選ぶときは、建物の防音がしっかりしているかも重要です。壁や床を叩いてみて、音が響くようなら防音性が低い可能性があります。音が吸収されるようなら防音に優れた資材が使用されているので、防音性は高いと言えます。エレベーターの近くは人が降りるたびに開閉音がうるさいので、なるべく避けるのがベストです。床はかたいフローリングよりもクッションフロアのほうが音が響かず、生活音が気になりません。

大屋さんに確認しておく

マンションの場合は、エントランスや階段、駐輪場やごみ捨て場を見ておくようにします。この4点がきれいであれば管理が行き届いている証拠です。逆に汚い場合は管理を怠っていることになるので、良い物件とは言えません。アパートはマンションに比べると壁が薄く騒音トラブルたなることが多いようです。騒音にならないよう意識して住まなくてはなりません。まわりにどんな人が住んでいるのか気になる場合は、不動産や大屋さんに確認しておくようにします。

札幌の賃貸マンションは、賃貸なので毎月の家賃を支払うことになりますが、居心地が悪いと感じたらいつでも引っ越すことができます。