サラリーマンにもできるワンルームマンション投資

初めて投資をする人に適している不動産投資

不動産投資は株や為替に比べるとリスクが小さいので、初めて投資をする人には適しています。不動産投資には駐車場経営、アパート経営、マンション経営などがありますが、一般のサラリーマンでも行えます。不動産投資というと土地持ちや資産家が行うものというイメージがありますが、ワンルームマンションの投資なら誰でもできるのです。具体的なやり方はワンルームマンションを一室購入して、それを賃貸として貸し出すやり方です。

家賃収入をワンルーム購入時のローンの支払いに充てる方法

ワンルームマンションを購入する時には銀行から融資を受けるのですが、不動産投資の場合は融資が下りやすくなります。当然ローンを組んで返済することになりますが、賃貸として貸し出したワンルームへの入居者の家賃をローンに充てるのです。そうすれば自分でローンを払わないですみます。例えば10年ローンを組んだ場合、10年間入居者の家賃をローンに充てることになります。つまり自分でローンを支払わないで、10年後にはワンルームを自分の資産にすることができるわけです。

常に入居者を確保できる好条件のワンルーム物件を探す

自分の資産になったワンルームを売却すればまとまった資金が手に入ります。また賃貸経営をそのまま続ければ、今度は家賃収入が自分の懐へ入ってくることになります。これがワンルーム投資で、サラリーマンやOLでもできる不動産投資です。順調にいけば一室ではなく二室、三室と増やしていけば、家賃収入も増えていきます。ただし常に入居者が確保できるような好条件のワンルームを手に入れる必要があります。そのような物件が確保できれば、ワンルーム投資は成功します。

森の賃貸マンションは、駅から近い場所に建てられているので電車での通勤や通学をする際にとても便利になります。