注文住宅は自由設計が魅力です

情報収集が最も大切です

家を建てる時は、まずは様々な知識を身につけることとと、出来る限るの情報を集めることが重要です。身近な人で最近家を建てた人がいたら、その人にどのような手順で行ったか聞くのは非常に良いでしょう。また、図書館で本を借りたり、インターネットで情報収集するのも効果的です。また、モデルハウスを見に行ったり、実際に建てたばかりの住宅の内覧会などにいくのも良いでしょう。特に内覧会などの場合は実際に人が住むので、現実的で参考になる部分が多いです。

自分が使いやすい間取りを考えましょう

外観や内装などのインテリアが充実した家は非常に魅力的ですが、重要なのは自分たちが住んでみた時に過ごしやすい家をつくることです。家族構成や水回り、周囲の環境などを踏まえてまずは自分なりに自由に間取りを設計してみると良いです。最初は金額や坪数にこだわらずに本当に理想の間取りを作ってみるとよいです。そこから過剰な部分や妥協すべきところを徐々に後で削れば、理想に限りなく近いものとなるでしょう。そのような間取り図を事前に準備して交渉すれば、話がスムーズに進みます。

家具の配置なども考えましょう

大体の間取りが完成したら、実際に配置する予定の家具などを考えて設計に反映されると良いです。後で気にいった家具が、ギリギリでおさまらないといったことが起こらないように、事前に家具の寸法などを測って配置したい場所におさまるようにすることが大切です。注文住宅の場合は、ある程度自由がきくので多少の無理も契約前だと交渉次第で何とかなります。契約後、特に施工段階で変更を希望すると一気に価格が上がってしまうので注意が必要です。

注文住宅だからこそ叶えることができること。玄関をあけると目の前に広がる、広々としたナチュラルな土間。